ジスロマックでクラミジア退治

ジスロマックのクラミジア退治術!性病はクラビットで治す

メニュー

ジスロマックの後発薬

ジスロマック 性病の中で感染者が1番多いクラミジアについてご説明します。
クラミジアは、性器クラミジアと、喉に感染する咽頭クラミジアの二種類に分かれます。
クラミジアトラコマティスという菌で感染してしまう性病です。
性行為、オーラルセックス、フェラチオ、アナルセックスなどで感染し、また初期の段階では症状が男女とも出にくいため、気づかないうちにまた移しあって拡大してしまっています。
特に10代、20代に多いといわれ注意が必要です。
ヘルペスなどと違い菌を消滅させれば、再発する可能性は低い病気です。
治療法は、この菌を殺すクラミジア感染症治療薬を服用します。
基本的にはジスロマックを服用します。
この治療薬は、病院で処方される薬で妊婦さんも服用できる大変安心な薬です。
この薬は、たった1回、1錠を飲むだけで1週間効果が継続し、1週間の間に90%消滅させてくれる大変便利な薬です。
クラリシッドという薬も有名ですが、この薬は長期治療薬となり二週間飲み続けなくてはいけません。
薬をなかなか決まった時間に飲めなかったり、飲み忘れをしやすい方はジスロマックがお勧めです。
この性病を治す薬は、病院で手に入ったり、インターネットでも購入できます。
病院は、診察してもらう事によって性病の病名が断定できそれに合わせて最適な薬を処方してもらえます。
しかし、性病科、婦人科に受診した履歴が残ったり送付されてきたりするので、不倫や浮気、風俗通いなどがバレていまう可能性もあるので、症状をネットで調べたり、性病かどうか自分で調べられるキットも販売されているので自分で調べてネットで治療薬を購入している方も少なくありません。
最近は、ジェネリックも販売されており、より安価で経済的にも優しいです。
この感染症治療薬のジェネリックは、アジーというものがあります。
ぜひ同一成分で効果も同じ、大変お買い得なので試してみてください。
パートナーに移さないためにも、定期的な検査やコンドームを装着するなどして感染しないように注意しましょう。

▲ PAGE TOP